16.さくら学院 2011年度-FRIENDS-。転入生を迎えよりパワフルに。ラストへ向けて卒業ムードが高まり友情を感じる作品[HR]

 



2年目のさくら学院、2ndアルバム"さくら学院 2011年度-FRIENDS-"について書いていきます。

この年度の特徴としては、(大人の事情により転入生扱いの、菊地・水野を除く)最初の転入生、磯野・田口を迎えるとともに、何と言っても、最初の卒業生を送り出ことになったさくら学院にとって、大きな転換期を迎えたアルバム。武藤・三吉・松井にとって、さくら学院としてのラストアルバム。

2010年、成長期限定ユニットとしてスタートしたさくら学院。中等部3年卒業と共に、ユニットを卒業し、スーパーレディーに向かって進んでいく、というのは初めからの決まりでした。前年度は卒業生がいなかったので、本当に卒業してしまうという事実を突きつけられ、メンバーはもちろんの事、父兄の私たちも戸惑いがありましたよね。今になってみれば、それがさくら学院故の個性であり、武器であり、強みですね。




さぁ、まずは2011年度メンバーを確認しましょう。

「2011年度生徒」
中等部3年:武藤彩未三吉彩花松井愛莉
中等部2年:中元すず香
中等部1年:堀内まり菜飯田來麗杉崎寧々佐藤日向
小等部6年:菊地最愛水野由結田口華(転入生)
小等部5年:磯野莉音(転入生)

引き続き、武藤彩未生徒会長の元、転入生、田口華磯野莉音の加入で12人体制になりました。2人増えてさらにパワーアップしたさくら学院。今、見てもすごいメンバーですね。2015年度、生徒会長に選ばれた磯野莉音が、唯一の現役メンバーというのも感慨深い。


さくら学院の特徴として、部活動ユニットがありますね。部活動メンバーを確認しましょう。

「部活動ユニット」
[バトン部 Twinklestars]:武藤彩未、堀内、飯田、杉崎、佐藤、菊地、水野
[帰宅部 Sleepiece]:堀内、飯田、杉崎
[クッキング部 ミニパティ]:菊地、水野、田口
[重音部 Babymetal]:SU-METAL(中元)、MOAMETAL(菊地)、YUIMETAL(水野)

クッキング部 ミニパティが、堀内・飯田・杉崎から、菊地・水野・田口に変わってます。ミニパティの結成は2009年で、さくら学院開校以前から活動しており、さくら学院開校時に部活動ユニットになったんですよね。磯野はこの年度は、部活動入ってないですね。


次は、アルバムの収録曲を確認していきましょう。

「収録曲」
1.ベリシュビッッ
2.FRIENDS
3.プリーズ!プリーズ!プリーズ![バトン部 Twinklestars]
4.ラピカム[バトン部 Twinklestars]
5.走れ正直者[帰宅部 Sleepiece]
6.よくばりフィーユ[クッキング部 ミニパティ]
7.いいね!(Vega mix ver.)[重音部 Babymetal]
8.オトメゴコロ。
9.ピクトグラム
10.3.a.m.[中等部3年:武藤彩未三吉彩花松井愛莉]
11.See you...
12.旅立ちの日に
※カッコ内は[さくら学院名義以外のクレジット]




以下カッコ内(作詞/作曲/編曲)の順

 

■1.ベリシュビッッ
(生田真心/フジノタカフミ/原田ナオ)
フォークダンス「オクラホマミキサー」をフューチャーし、ロックテイストに仕上げた曲。2011年度のリード曲で、2011年度の楽しい雰囲気のさくら学院を象徴してます。ダンスも激しい部分と、フォークダンス風なゆったりな部分とのバランスが気持ち良い。因みにタイトルは、"ベリーベリーシュビデゥバー"の略、最高に幸せな気持ちを表現しているとのこと。

■2.FRIENDS
(cAnON/cAnON/cAnON)
さくら学院史上、屈指の名曲と言っても過言ではないでしょう。cAnON氏の会心作!タイトルの通り、友情の大切さテーマにした歌詞。これが泣けます。8ビートに、さらりとしたメロディーで淡々と歌い上げるのが、妙にグッときます。

■3.プリーズ!プリーズ!プリーズ![バトン部 Twinklestars]
(沖井礼二/沖井礼二/沖井礼二)
バトン部かわいいですよね。歌詞が本当にキュートで雰囲気バッチリ。ダンスもバトントワリングを取り入れてますが、みんな上手ですね。ウォーキングベースがグイグイと押してきます。

■4.ラピカム[バトン部 Twinklestars]
(森由里子/酒井陽一/酒井陽一)
こちらもバトン部ですが、淡い乙女の気持ちを歌っております。言葉の魔法ということで、ラピカムと唱えれば、きっとラッキーハッピー!キラキラしたTwinklestarsのイメージにぴったりです。

■5.走れ正直者[帰宅部 Sleepiece]
(さくらももこ/織田哲郎/松田岳二)
エレクトロアレンジしたカバー曲で、こちらはアニメ"ちびまるこちゃん"の主題歌にもなって曲ですね。タイトな4つうちのシンセドラムがクセになります。サウンドがユニークで面白い。そして合いの手が入ったり、ゆるーい感じで歌うのがすごく面白い。

■6.よくばりフィーユ[クッキング部 ミニパティ]
(井上トモノリ/Takeshi Nagai/SEXY-SYNTHESIZER) 新生ミニパティ。メンバーが入れ替わりました。ソリッドなデジタルサウンドに、かわいい雰囲気のミスマッチが心地良い。

■7.いいね!(Vega mix ver.)[重音部 Babymetal]
(中田カオス/Mish-Mosh/daiki kasho)
さくら学院のアルバムに入ってる、Babymetalの紅一点感がたまらない。サウンドが、前作よりもさらにヘヴィネスになっており、ラップメタル?ラップコア?的なの部分もあり、やっぱり歌詞がメタルっぽくなくて超カオス。"これメタルじゃなくね?"メタルとかどうとか、これはもうBabymetal death!

■8.オトメゴコロ。
(cAnON/cAnON/cAnON)
"FRENDS"と同じ、cAnON氏作。こちらはマイナー調のメロディーに、重たいリズム、乙女心を歌った曲。少女らしい等身大のワードで、リリックを書いてるのが面白いですね。"七転び八起き" とか、"ワガヨタレソツネナラム"とか引用いてるのが特徴的です。

■9.ピクトグラム
(伊藤緑/西野史人・大川啓之/安岡洋一郎)
ハイスピードで、デジタルな打ち込みサウンドに、伸びやかなメロディーが気持ち良い。掛け合うような、歌の振り分け方がユニーク。サビは圧倒的なヴォーカルの音圧がすごい。

■10.3.a.m.[中等部3年:武藤彩未三吉彩花松井愛莉]
(生田真心フジノタカフミ/生田真心/原田ナオ)
2011年度、初めての卒業生を送り出すということで、卒業生3人による卒業ソング。武藤彩未三吉彩花松井愛莉、のイニシャルが、3人とも"a.m."という奇跡。テンポチェンジが激しくてダンサブルな仕上がりです。

 ■11.See you...
(森由里子/Ryo/Ryo)
名曲ですなぁ。卒業ライブでラストの曲でした。明るい曲に、切ない歌詞が本当に良いですなぁ。前に向かって進むさくら学院のイメージが、そのまま反映されます。"さよならははじまりだよね"ってのが良いですよね。

■12.旅立ちの日に
(小嶋登/坂本浩美/坂部剛)
卒業ソング合唱曲のさくら学院カバー。卒業ライブで定番になってます。本当に卒業するんだという実感をひしひしと感じます。合唱曲ということで、パートが分かれていて、まさに学校の卒業式のようです。これぞさくら学院。ライブでは-J-Mix-の方が演奏されますけど、原曲の神々しさは鳥肌モノです。




ラストへ向けて、卒業ムードが盛り上がるような構成になって、今後のアルバムにも引き継がれていきます。さくら学院、最初の卒業ソングが"旅立ちの日に"というのが、もぅさくら学院らしくて良いですね。アルバムリピートしていると、ラストからまた"ベリシュビッッ"に戻ってく落差がすごくてしびれますよ。部活動、バトン部はかわいらしく、帰宅部は微笑ましく、クッキクングはハイセンスで、Babymetalがかっこいい!そして"FRIENDS"も入っていて、名曲感がすごいです。緩急あって、さくら学院の曲って、本当に良いよね。

 


2015年度さくら学院、結成メンバーが全員卒業という、また新たな局面を迎えました。転入生は過去最多の6人を加えて12人となり、この2011年度と同じ最多人数です。在校生が6人に、転入生が6人入ってくるというのも面白いですよね。


[次回イベント]
2015.6.7(日)
さくら学院☆2015-転入生オリエンテーション-
at Mt.Rainier Hall Shibuya Preasure Preasure

OPEN 13:00-/START 14:00-
磯野、大賀、倉島、黒澤、麻生、吉田

OPEN 17:30-/START 18:00-
白井、山出、岡田、岡崎、日髙、藤平

2部構成の-転入生オリエンテーション-ということで、こちらも楽しみですね。


磯野莉音会長体制の、今年度さくら学院から目が離せません。
転入生は個性豊かでますます楽しみですね。

 

 

 


[Links]
さくら学院 Official site
http://www.sakuragakuin.jp

Babymetal Official site
http://www.babymetal.jp

LoGiRL
http://logirl.favclip.com/


[Hash tags]
#さくら学院 #Babymetal #武藤彩未 #LoGiRL